どんなベッドがいいのか

人がベッドに求めるもの、特に日本人にとって理想的なベッドとはどんなものでしょうか?
あたりまえのことですが、日本の一般家屋はもともと靴を脱いで上がる構造になっていますから、必ずしも固定したベッドを使う必要はありません。
畳敷きならもちろん、フローリングであっても、マットレスと布団を敷いて寝ればいいのです。
毎晩片づけて干したりすれば、通気性など気にする必要はないでしょう。そのほうがスペースを有効利用もできます。
でも、なぜ多くの人は、かさばる固定ベッドを買うのでしょうか?
それはやはり敷布団を敷くより寝心地がいいからでしょう。
その点、単にフレームだけあって、別の敷布団を敷いて使うベッドというのはお勧めしません。
なぜなら、それでは単に通気性だけが床敷きより優れているだけで、毎晩干すつもりなら大差ないからです。
むしろベッドがあるだけで布団を放置することが多くなり、不衛生になりがちです。
やはり、スプリングの効いた厚いマットレスがついたベッドこそ、存在理由がはっきりしたベッドらしいベッドだと思います。
では、ベッドのサイズはどうでしょうか?もちろん、部屋の広さや用途とも関係ありますので、それは適宜選んだらいいのでしょうが、ここでは大人がそれなりのスペースで使うベッドとしてはどれぐらいがいいか、ということです。
まず、小さなベッドだと、掛布団が床に落ちやすいのです。
それから、やはり寝ているうちに、無意識に身体が斜めになったり、手足を大きく伸ばしたり、横に転がったりするときがありますから、その点でも小さなベッドより大きめのベッドでしょう。
ただし、無制限に大きくする必要はありませんから、せいぜいダブルサイズのベッドをひとりで使うぐらいが大きさの理想だと思います。
もちろん、幅だけでなく、縦の長さも、自分の身長の1.3倍以上ぐらいあってほしいものです。
それから、ベッドというのは、寝る道具であるだけでなく、そこで本を読んだり、男女が語らい、セックスしたりする場所でもあります。ですから、大きくて、できたら頭部に背もたれがついているもののほうが応用がききます。
それから、どんなものが頭部におまけに付いていて便利かと聞かれたら、コンセントでしょう。コンセントがあれば、電灯や電気毛布、ひげ剃り、パソコンなど、さまざまなものを使うとき便利です。
ベッドの理想型としては、ダブルサイズのスプリングマット、背もたれ、コンセントのついたベッドだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*