ベットのメリット、デメリット

子供の頃は実家の寝具は布団だけで、ベッドに憧れていた、という人は多いのではないでしょうか?
日本人の多くは布団を使っている人が多いと思いますが、最近ではベッドの家庭も同じくらい増えてきています。
ベッドの購入を考えている人は、ベッドのメリット、デメリットを、布団のメリット、デメリットと合わせて考えてみるといいでしょう。
まず、ベッドのメリットについてです。
布団だと、毎朝あげて、夜はまた押入れから出して、と面倒ですが、ベッドはそれは必要ないですね。
面倒くさがりの人、腰が痛くて布団の上げ下ろしが大変になってきたという高齢の人にとっては、いいのではないでしょうか。
また、見た目もすっきりしていいと思います。
布団だと、あげていないと「敷きっぱなし」という、少しだらしないイメージになってしまいますが、ベッドだとそんなことはありません。
ちょっとシーツやブランケットのシワを伸ばすだけで、簡単に見た目を整えることができ、楽ですよね。
ベッドの形状によっては、収納も兼ねたベッドルームになります。
ベッドの下に空間があるものは、物を入れておけますから、部屋がすっきりと見えます。
また、ベッドの下の部分が引き出し式の収納ケースになっているものもあります。タオルやシーツ、タオルケットや小物類などを入れておくのに便利ですね。
また、立ち上がるときに膝が痛いという年配の方には、布団よりベッドがおすすめです。
布団だと、全身の力が膝にかかり、膝を痛めてしまいますが、ベッドから立ち上がる場合には簡単に立ち上がれます。
この理由で、ベッドにするお年寄りが非常に増えているそうです。
ベッド用の硬いマットレスのほうが、腰にいいと思う人もいます。
しかし、布団のメリットもあります。
部屋を広く使いたい、という人は、押入れに布団をしまえば部屋はスッキリ、空間を大きく使えます。
ベッド用の重いマットレスだと、干すのが大変かもしれませんが、布団だと毎日簡単にベランダに干すことができますよね。
また、お子さんがいる方は、子供たちがおねしょをしたり汚したりしたときに、布団のほうがさっと洗えていい、と感じる方も多いと思います。
ベッドやマットレスだと、洗うのはなかなか大変ですからね。
寝ている間の、子供の落下を心配しなくてもいいかもしれません。
このように、ベッドにも布団にもそれぞれの利便性や良さがあります。
購入を考えるときには、これらのことを考えておくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*